株式会社タカハシ > 株式会社タカハシ 住まいの窓口のスタッフブログ記事一覧 > 三原城跡

三原城跡

≪ 前へ|所有権移転登記について   記事一覧   手城川|次へ ≫

三原城跡

三原城跡


こんにちは!
三原市で不動産の賃貸・売買・管理・分譲を行っています、株式会社タカハシ「住まいの窓口三原宮沖店」です


三原を代表するものといえば「たこ」や「やっさ踊り」などがありますが、今回は、約450年前から築城されたといわれる「三原城」についてお話します。
 皆さんは、かつて三原城がどれだけ大きい城だったのか、ご存知ですか?天主台跡など、現在残っているものは当時のほんの一部だけなんです。
三原城の歴史ですが、
三原城は永禄10年(1567年)、毛利元就の三男・小早川隆景によって、大島・小島をつないだ埋め立て地に建てはじめられたと伝わっています。
 現在は天主台や舟入櫓の一部しか残っていませんが、当時は、東は湧原川から西は臥龍橋付近まで約900m、南北には約700mもの長さだったといわれています。この中に本丸、二之丸、三之丸があり、櫓が32と城門が14もあるとても大きな城でした。特に天主台は広島城の天守閣が6つも入る日本有数の広さです。
 満潮時に城の姿が海に浮かぶように見えたことから別名「浮城」とも呼ばれています。

ここで小早川隆景についてもご説明します。
小早川隆景は、毛利元就の三男として生まれました。隆景は、12歳で竹原小早川氏を相続し、天文19年には本家となる沼田小早川氏を相続しました。天文20年に沼田小早川家の高山城に入り、翌21年には沼田川を挟んだ向かいの新高山城。そして、永禄10年には、海の交通に直結する三原城の築城をはじめたと伝わります。
 父である毛利元就には11人の子どもがいましたが、彼を助けるに足る働きをしたのは、長男の毛利隆元、次男の吉川元春、三男の小早川隆景だったといわれています。また、隆元が早くに病死したため、元就が最も頼りにしたのは、元春と隆景だったともいわれています。二人が、毛利の躍進を支える大きな存在となったことから、二人合わせて“毛利の両川”と呼ばれていました。


そんな三原城の現在ですが、
現在は、駅に隣接している天主台跡のほかに、中門跡、石垣跡、刎跡(はねあと)、船入櫓跡、船入櫓岩礁、が残っています。

最近では三原城跡の周りも綺麗に整備されているので、
みなさんも行かれてみてはいかがでしょうか?



≪ 前へ|所有権移転登記について   記事一覧   手城川|次へ ≫
  • 売却査定
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 総合サイトはこちら
  • 建築・施工のサイトはこちら
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社タカハシ 住まいの窓口 三原宮沖店
    • 〒723-0016
    • 広島県三原市宮沖1丁目5-8
    • TEL/0848-38-2100
    • FAX/0848-38-2111
    • 広島県知事 (8) 第006125号
      賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第193号
      建設業:広島県知事(般-29)第29148号
  • 福山東インター南店 会社概要
  • Twitter
  • 更新物件情報

    2020-12-01
    福山市千代田町2丁目 新築戸建の情報を更新しました。
    2020-12-01
    福山市千代田町 新築戸建の情報を更新しました。
    2020-12-01
    府中市土生町中古戸建の情報を更新しました。
    2020-12-01
    福山市川口町3丁目 新築戸建の情報を更新しました。
    2020-11-30
    神辺町上御領 新築戸建の情報を更新しました。
    2020-11-30
    新市町戸手第3 新築戸建の情報を更新しました。
    2020-11-30
    神辺町湯野中古戸建の情報を更新しました。
    2020-11-30
    エルソルの情報を更新しました。
    2020-11-30
    フェリーチェ聖光の情報を更新しました。
    2020-11-30
    徳永住宅の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る