株式会社タカハシ > 株式会社タカハシ 住まいの窓口のスタッフブログ記事一覧 > 三原市の不動産屋が教える 冬至の日

三原市の不動産屋が教える 冬至の日

≪ 前へ|三原市 久井稲生神社 御福開祭・はだか祭   記事一覧   土星と木星大接近☆~福山市在住スタッフブログ~|次へ ≫

三原市の不動産屋が教える 冬至の日

こんにちは!三原市で不動産の賃貸・売買・管理・分譲を行っています、株式会社タカハシ「住まいの窓口三原宮沖店」です。


本日12月21日は冬至の日です。

冬至(とうじ)とは1年で1番、太陽の出ている時間が短く、夜が長い日です。

冬至に食べる食べ物って…かぼちゃだっけ?どうして柚子湯に入るの?

そんな冬至の食べ物や風習などを調べてみました。


冬至の食べ物といえばかぼちゃ。ところで、なぜ冬至にはかぼちゃなのでしょう?かぼちゃの原産地は中南米。もともと暑い国の野菜なので、かぼちゃは夏から秋に収穫されます。ただ、カットさえしなければ、風通しのいい涼しい場所で2~3カ月保存することが可能です。かぼちゃは、体内でビタミンAに変わるカロテンや、ビタミンB1、B2、C、E、食物繊維をたっぷり含んだ緑黄色野菜。新鮮な野菜が少なくなる時期、これからの冬を乗り切るためにも、冬至という節目の日にかぼちゃを味わって栄養をつけよう…という先人の知恵なのです。ただ、江戸時代の文献には「冬至にかぼちゃ」という内容の記述はなく、明治以降に生まれた比較的新しい習慣と考えられています。

もう一つの冬至の風習が柚子湯(ゆずゆ)。この習慣は江戸時代からあったようです。1838(天保9)年に刊行された、江戸の年中行事を紹介する「東都歳事記(とうとさいじき)」によると、「冬至 今日銭湯風呂屋にて柚湯を焚く」との記述があります。「冬至」を「湯治」にかけ、「柚子」を「融通が利く」(=体が丈夫)にかけて、お風呂屋さんが始めたとされています。江戸っ子ならではのしゃれたイベントですね。

柚子はちょうど11月~12月が収穫期。柚子の果皮には、風邪予防や保湿にいいとされるビタミンCや、血行改善を促すといわれるヘスペリジン(フラボノイド)などが豊富に含まれています。昔の人は、旬の柚子が健康にいいことを経験的に知っていたのでしょうね。

冬至が過ぎれば、少しずつ日が長くなっていきます。とはいえ、寒さはこれからが本番です。
ホックホクのかぼちゃとあったかい柚子湯で、冬を乗り切りましょう!


≪ 前へ|三原市 久井稲生神社 御福開祭・はだか祭   記事一覧   土星と木星大接近☆~福山市在住スタッフブログ~|次へ ≫
  • 売却査定
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 総合サイトはこちら
  • 建築・施工のサイトはこちら
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社タカハシ 住まいの窓口 三原宮沖店
    • 〒723-0016
    • 広島県三原市宮沖1丁目5-8
    • TEL/0848-38-2100
    • FAX/0848-38-2111
    • 広島県知事 (8) 第006125号
      賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第193号
      建設業:広島県知事(般-29)第29148号
  • 福山東インター南店 会社概要
  • Twitter
  • 更新物件情報

    2021-01-25
    長江ヒルズの情報を更新しました。
    2021-01-24
    栗原町 売土地の情報を更新しました。
    2021-01-24
    向東町 売土地の情報を更新しました。
    2021-01-24
    瀬戸田町沢 売土地の情報を更新しました。
    2021-01-24
    売アパートの情報を更新しました。
    2021-01-24
    東久保町 中古戸建の情報を更新しました。
    2021-01-24
    防地町 売土地の情報を更新しました。
    2021-01-24
    向島町 売土地の情報を更新しました。
    2021-01-24
    防地町 中古戸建の情報を更新しました。
    2021-01-24
    糸崎3丁目リフォーム済み中古戸建の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約