株式会社タカハシ > 株式会社タカハシ 住まいの窓口のスタッフブログ記事一覧 > 三原市の不動産屋が説明する お正月

三原市の不動産屋が説明する お正月

≪ 前へ|2021年スタート(^_-)-☆   記事一覧   お風呂屋さんに行ってきました☆福山市在住スタッフブログ☆|次へ ≫

三原市の不動産屋が説明する お正月

こんにちは!三原市・尾道市・福山市で不動産の賃貸・売買・管理・分譲を行っています、
株式会社タカハシ「住まいの窓口三原宮沖店」です。

本日はお正月についてご説明していきます。


本来「正月」は1月の別称ですが、1日が元旦、3日までを三が日、7日までを松の内といい、さらに1月15日(地方によっては20日)の「小正月」まで、さまざまなお正月行事が行われます。1月を「睦月」と呼ぶのも、正月に一家揃って睦みあう様子を表したもの。多くの方がお正月を家族で過ごし、当たり前のようにおせちを食べたり、お年玉のやりとりをしたりしていますが、一つ一つのものごとにも大切な意味が込められています。


お正月の由来


昔から、元旦には「年神様」(としがみさま)という新年の神様が、1年の幸福をもたらすために各家庭にやってくるとされています。年神様は祖霊神であり、田の神、山の神でもあります。そのため、年神様は子孫繁栄や五穀豊穣に深く関わり、人々に健康や幸福を授けるとされていて、「正月様」、「歳徳神」(としとくじん)とも呼ばれています。

その年神様を迎え入れてお祝いし、たくさんの幸せを授けてもらうために、様々な正月行事や風習が生まれました。

おなじみの「明けましておめでとうございます」という挨拶には、無事に年を越し年神様をお迎えできた慶びと感謝の気持ちが込められています。


新しい年を"迎える"と表現したり、"一年の計は元旦にあり"と言ったりするのは、年神様を元旦にお迎えするからです。お正月の行事や風習には、年神様をめぐる一連のストーリーがあります。それはまるで、私たちが大事なお客様をお迎えするのと同じように、おもてなしの気持ちにあふれています。
時代が変わっても、受け継がれてきた正月行事や風習には、それぞれに深い意味が込められているのです。


皆様本年もよろしくお願い致します。




≪ 前へ|2021年スタート(^_-)-☆   記事一覧   お風呂屋さんに行ってきました☆福山市在住スタッフブログ☆|次へ ≫
  • 売却査定
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 総合サイトはこちら
  • 建築・施工のサイトはこちら
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社タカハシ 住まいの窓口 三原宮沖店
    • 〒723-0016
    • 広島県三原市宮沖1丁目5-8
    • TEL/0848-38-2100
    • FAX/0848-38-2111
    • 広島県知事 (8) 第006125号
      賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第193号
      建設業:広島県知事(般-29)第29148号
  • 福山東インター南店 会社概要
  • 尾道駅前店 会社概要
  • Twitter
  • 更新物件情報

    2021-04-22
    福山市能島3丁目売戸建の情報を更新しました。
    2021-04-22
    能島3町目中古戸建ての情報を更新しました。
    2021-04-22
    福山市加茂町字中野 中古戸建ての情報を更新しました。
    2021-04-22
    草戸グランドハイツの情報を更新しました。
    2021-04-22
    朝日プラザステーションコア福山西町の情報を更新しました。
    2021-04-22
    メンバーズエイトの情報を更新しました。
    2021-04-22
    ヴェルディ東福山の情報を更新しました。
    2021-04-22
    ガーデンシティ万能倉中古戸建の情報を更新しました。
    2021-04-22
    福山市緑陽町中古戸建の情報を更新しました。
    2021-04-22
    川口4丁目売土地の情報を更新しました。
  • QRコード
  • GOTO不動産キャンペーン

トップへ戻る

来店予約